スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BT-003PRO】BSレーシングスクール【豪華インストラクター】

9月2日に筑波サーキットで開催されたBSレーシングスクールに参加してきました。

この不景気の最中に新しくなったBT-003PROが無料で貰えて、しかも伊藤真一選手をはじめとする豪華な全日本ライダーのインストラクター多数で走行料も全部タダ!

そんなおいしいハナシは聞いたことがないので、これはある意味タダならぬ予感もします。

そう言えば申し込み用紙の筑波ベストタイムを自己申告する欄には<例 筑波1分01秒5>というハイレベルな記入例だし、これは最低でも地方選手権クラスでシングル順位以上ライダー対象のプロモーション目的なんだろうね。
今回はBSプロショップの(ディアブロプロショップでもあるけど)リーンウィズからの好意でお誘いして貰ったけど、自分だと少し場違いにならならいのだろうか。

という心配は当日に筑波サーキットに到着してみると全く必要なかったみたい。

参加された人達はTTなどのサンデーレースやフリー走行ライダーばかりで、逆に選手権で良く見かけるチームやライダーは殆ど居ません。

昨今はロードレースに参加するチームやライダーも少ないし、遠回りに宣伝するよりも最もタイヤ消費人口の多いサンデーレーサーを直接マトにしたほうが手っ取り早いというマーケティングなのかな?

あっ。スンマセンどうでもいい前置きが長くなりました。


そうそうそれでBT-003どうなのよです。

BT-003がどう変わったのかというと、旧モデルは積極的にフロントタイヤを潰して面圧を稼ぐと真価を発揮する上級者仕様だったのに対し、今度の新型は扱いやすいように低荷重でも性能を発揮できるようにして、更にはブレーキを早目にリリースしても二次旋回に移行しやすくアクセル開けながらでも曲がる特性になったとか何とか。。。MCさんとタイヤ開発の方からは確かそんなハナシだったデス。

実は自分はこのタイヤを使うのは初めてではなく、もて耐で乗ったバイク(GSX-R1000のk9)もこのタイヤだったのだけど、その時に感じたのはややアンダーステアで普段使っているレーステックと同じように乗るとライン1本外側を走ってしまうものでした。

だけど同じバイクとは言えセッティングは違う自分のK9に装着するのは今回が初めて。※ここからはかなり個人的な感想なので参考にならないかも。

はじめは言われた通りに「ブレーキリリース早目で二次旋回に移行したらアクセルを開けても曲がる」を試していたのだけど、やっぱりアンダーステアな印象だったので、だったらもっとアクセル開ければ曲がるのかも知れないと003の性能を信じて普段より少し早目にアクセルを開けたら盛大にリアがスライドして転びそうになったりと散々な目に。。。(笑)

このまま微妙な印象で終わるのもアレだし、ならば今度はタイヤ開発の人が言っていたこととは逆にしっかりとコーナー奥までブレーキを残し、その分進入スピードを高めでという乗り方で試してみるとさっきまで感じていたネガな部分が消えてとても良く曲がるように!?

それも切れ込む感じでは無くスムーズにフロントも入っていく感じで安心感も格段に高くなりました。

タイムのほうもベスト更新とは行かないけれども2秒半ばくらい。

ブレーキを早目にリリースというのはあくまで当社比(BS)であって、ピレリーやメッツラーよりはしっかりとブレーキ残してフロントタイヤに荷重を乗せた使い方が正解っぽい。

そっかそっか。そもそも自分の次元が低すぎだったのね。

そう言えば筑波1分切るようライダーは膝擦りながらフルブレーキとか聞いたことあった。

(旧BT-003の使い手から比べれば)確かにブレーキリリースは早目デスネ?違うかもしれないけど。(汗)

個人的にはこのタイヤはイイかもしれませんが、なんとなくかもしれないけど馴染めた頃には走行時間の終わりのほうだったからもう一度ちゃんと走ってみたいかな。

というのも4日前にもて耐が終わったばかりで、心も体も満たされすぎで抜け殻状態な上に、この日も走行後には軽い目眩と頭痛がするくらい暑かったし。

それにしても、結局のところ今日はブリヂストン様のスペシャルサービスな走行会という感じで、特に売り込んできたり積極的なリサーチをする訳でもなく、むしろ参加者達は楽しかった豪華インストラクター達との思い出話で盛り上がって終わった太っ腹なイベントでした。

いや実は気付かないところで何かの人体実験があったのかもしれませんが。

自分は来シーズンはBT-003を使います!たぶん!
スポンサーサイト

筑波フリー走行 タイム1分2秒1 走行動画

今シーズンに自分が参加できる筑波でのレースは全て終了したのでタイムトライアルとかの目的はないのですが、サーキットでの走行動画のテストとR枠が今年はコレで最後になるのでフリー走行に行ってきました。

もういい加減寒くなってきたしレースもないのだから、いつも大盛況の筑波サーキットも比較的空いてるだろうと思ったのだけど全然そんなことなくて予約状況からしてこんな感じ。
2.jpg
予約開始から1分でA,B枠は完売してました。
Rは認定(承認)制度があるため、売り切れになることなどなくて予約無しの当日受付でも十分平気です。

実は自分はこのR枠走行は初めてなのでまずはコントロールタワーで必要書類を提出して認定証を発行してもらいます。
20091015111657.jpg

一応このR枠はアベレージで1分2秒以下で走ることが前提なのですが、筑波TTと先日のエビスでそれなりに消費したタイヤで、アベレージどころか2秒台が出るのか不安でしたが、まあ空いてるのもあって邪魔にもなってなかったようだし、一応ベストも0.027秒更新。(そんなの誤差誤差)

20091014154429.jpg
でも自分は練習の時には大したタイムが出ないはずなので、やっぱりもう少しは伸びしろがあるのかも。なんてそんなに甘くはねーか。(笑)


では、先日の小型ビデオカメラの走行動画。

当然なのかもしれないけど、この価格でズーム機能などないのですがWEBカメラ機能はあるのでモニターチェックをするにはノートパソコンに接続すると便利です。

そしてバイクへの設置ですが、このカメラは振動を拾いやすいらしく色んな厚みや材質のステーを使って時間もそれなりに費やしたのですが、結局はこんなただのアルミのプレートを曲げただけのモノで落ち着いてしまいました。
20091015111102.jpg
ただ転んだときに自分に突き刺さる可能性を考えると、この位置と形状はやっぱりもう少し工夫しないと危ないですね。

それで撮影した動画が


あとただしさんの追走動画


はじめ動画の編集にムービーメーカーを使ったのですが画質落ちが酷くてこのソフトで編集したらちょっとはマシになったけど、元々のカメラの性能もやっぱり価格並なのかもしれません。

まあそんな感じの今回の筑波サーキット。
今日ご一緒したST600ライダーのただしさんとコウさんとハナシが盛り上がり、結局は日が暮れるまで筑波サーキットに居たのでした。

続きを読む

筑波サーキット フリー走行

やっとドライブスプロケットの16丁が来た。

520にコンバートすればとっくに交換できたのだけど、自分はチェーン切れとか怖いので530のまま。

そうそうリアは既に44丁にしてあって、この組み合わせが筑波でいいファイナルになりそう。

あと、車高もリアに3mmワッシャーを入れてたら、だいぶ乗り易くなったような気がする。

タイムはやっと3秒台って感じの1分3秒8。

筑波サーキット K9 インプレ

塗装も仕上がったし、そろそろ真面目に筑波サーキットのタイム縮めないとね。

が、しかし、えーと、一応は一生懸命は走ってるけど、どうも足回りが自分に合ってないというか実はビビってる。(笑)

フロントの車高が高い気がするな。フロントもポンポン浮くし。

まあまだ始まったばかりだ。

タイムは1分4秒5。

K9 ナラシ走行 筑波サーキット

カウルの塗装をする前に、もうちょっとエンジンのナラシに筑波へ。

路面温度3℃だって。サミー。

29055412_999598826.jpg

それで、9000→10000→11000rpmと30分単位でUP。

で、少し感じたのは

・600とまではいかないけれど、乗り換えても違和感は無いくらい軽い。
・純正でもサスはハードな味付けで、筑波程度だと全ての調整機能はだいぶ戻す方向。
・純正スプロケが超ロング(17-42)。しかもフロントのスプロケはまだどこからもリリースされてない。
・殆どの人がK7,8と思ってK9とは気付かない。(特に白ゲルだと)さすがに筑波のオフィシャルは気付いてたけど。
・純正パッドだからかもしれないけど、もう少し制動力は欲しいところ。

と、パッド変えたりスプロケ変えればいい程度で文句無しにスバラシイ!
twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    ko-ki

    Author:ko-ki
    2008年よりサーキット野郎になりました。

    飽きっぽいので何時まで続くかわかりませんけど。

    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。